• サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 保護者会

NEXT GAME / RESULT

滋賀県民体育大会(新人大会)

2019 第3位

準決勝

比叡山高校 1(PK8‐9)1 綾羽高校

準々決勝
比叡山高校 1(PK4‐3)1 草津東高校


インターハイ(春季総体)

2019 第3位
準決勝
比叡山高校 
0-1 近江高校

 

2017 第3位
準決勝
比叡山高校 0-2 綾羽高校

2016 準優勝
決勝
比叡山高校 0(延長)1 綾羽高校
滋賀県高校サッカー史上初!
私学同士決勝戦!

 

高校サッカー選手権

2016 第3位

比叡山高校 1-3 野洲高校

 

近畿大会

2016 第5位

比叡山高校 1-3 東海大仰星高校

昭和57年以来、34年ぶり

近畿大会ベスト8達成!

facebook

http://

twitter

トピックス

2020年04月28日更新

【ご連絡】令和2年度 全国高等学校総合体育大会について

令和二年度全国高等学校総合体育大会
魅せろ躍動北関東総体2020

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
中止となりました。

三年生にとって最後の大会です。
ただ単に勝った負けたではありません。
大会に臨むまでのプロセスの中で真剣に取り組むからこそ生まれる困難やコンフリクトを乗り越えて、自分自身の可能性を知る。そして仲間との繋がりの強さを認識する場面が多々あります。
真剣に勝利を目指して戦う中で、大会を通して勝ちや負けを経験します。優勝は1校のみです。その他の多くのチームは負けを経験します。真剣に勝利を目指して戦い、勝ち負けを経験する中で、勝者と敗者、結局はお互いがお互いを輝かせ、そのどちらにも大きな感動があり、そのどちらにも結局、同じ多くの学びがあることに気付きます。ピッチ内も応援席もベンチも関係ありません。その気付きは今後の人生の大きな財産となり、様々なものを背負ってひたむきに勝負する集団の姿は周囲の人々にも大きな感動を与えます。

生徒にとってだけではありません。
支えてくれている家族や地域の皆様、学校関係者の皆様に感謝の気持ちを伝える場の一つがインターハイという大会です。私達サッカー部は、感謝の気持ちを持ち、伝えていくことを何よりも大切にしている部活です。
人生の内の3年間です。その3年間を様々な人やモノに対し感謝の気持ちを持ち続けて過ごす時間にしても良いのではないか、そうして過ごす時間が大きな成長を産み、また3年間継続させたその思いが、その後の人生のどこかで活きてくるのではないかと考え活動してきました。

決断にも勇気が必要です。
大変苦しい思いの中ご決断されたことと思います。中止は、大変残念ではありますが、運営スタッフの皆様や開催都市にお住まいの皆様のことなど様々なことを考えると開催が難しいことも重々承知しております。

生徒やその保護者の皆様、高校総体に関わる全ての関係者の皆様のご健康を心より祈念しております。

悔しい思いを抑えることが難しいですが。

2016-2019
インターハイ滋賀予選

決勝、準決勝写真、Facebookに公開しています。